カテゴリ

2010年04月05日

あの人だって使ってる、魅惑のパスツール

ここからが超本番です。
今回使用するのは パスツール!

図形の描き方

これの一番下のパスツールをまずは読む!!ていうか後から使うかもれないからこのページまるまる読んで来てくださいw

読みましたか?読みましたね?

ではパスツールを使って二等辺三角系を作ります。
今回はあまりでかい画像を作ると面倒なことになるので200×200か300×300のキャンバスを作りましょう。

さっきのリンクを参考にパスで二等辺三角形を作ります。

ptc000012.JPG

三角系の長い辺をドラッグして引っ張ってみてください。
ptc000012-2.JPG
パスが変形します。
ptc000013.JPG
これに近い形になったら
ptc000014.JPG
ここをクリック
ptc000015.JPG
パスの上に点線が現れます。
パスはもう用済み!あとはこの図形を黒で塗りつぶします!!

新規レイヤーを作って
バケツでドバー!!

ptc000016.JPG

さらにこれを拡大・縮小ツールで形を整えて
ptc000017.JPG
こうします!

同じ手順でこれを大小ふたつ並べてください。
ptc000018.JPG

これ、実はつけ睫毛なんですw
もっとカーブがキツくてももっと睫毛同士の間隔が広くてもいいです。

好きなように作ってください。

最後に、一番最初キャンバスを作ったときに出来たレイヤーを非表示にしてください。

ptc000019.JPG

すると背景がグレーの一松模様になるはずです。

ptc000020.JPG

なりましたか?

これは「なにもないですよー」という表示。
例えばこのままPTCのエディタに入れたら

グレーの一松は表示されずに睫毛だけ表示されます。

つまりこれで、第一幕で使った公式素材と同じように使えるパーツになったのです!!
これは凄い!!

というわけで 睫毛.png で保存しましょう。

これを応用すれば眉毛も自分で作れます。せっかちな人は作っておいてもいいですよw


posted by おーの at 11:27| Comment(0) | 顔をでっちあげる第二幕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。